お土産にも喜ばれる名古屋名物ういろうについて詳しく解説するサイト『名古屋ういろう伝説』
お土産にも喜ばれる名古屋名物ういろうについて詳しく解説するサイト『名古屋ういろう伝説』

ういろう(外郎)は、今から600年位前の室町時代、今の中国から陳宗敬が伝えた薬で、
この薬のほかに餅米、ウルチ米、葛粉と砂糖で作られたお菓子です。
この形や色が薬の外郎に似ていた処から、「外郎餅」と呼ばれ、これが菓名となりました。
和菓子なのに控えめな甘さで、米粉を使ったモチモチの食感が人気の秘密です。
また、旬の味覚のういろうも数多くあります。
このサイトではお土産としても有名な名古屋名物ういろうの、由来から作り方・食べ方など
について解説しています。
名古屋へ訪れた際には、ぜひご賞味ください。

最先端のインプラントは名古屋で
"スマイル・トータルデザイン"すなわち口腔領域のトータルソリューションのご提供。
名古屋で受ける最先端のインプラント治療。
http://www.japanoralclinic.com/

名前の由来

およそ600年前の中国が元の時代、礼部員外郎(れいほうえんういろう)という薬の調達をする官職にあった陳宗敬が、日本に帰化しせきや痰に効く薬を伝えました。

剥き方

上部をはさみ等で切り取り、背面の背の部分を縦に裂いていきます。食べる量(切る量)より多めに裂き、ういろうを剥き出します。

材料

10個分の材料を記します。
上新粉・・・100g
薄力粉・・・100g
くず粉・・・・35g
砂 糖・・・150g
抹 茶・・・小さじ1.5
水 ・・・・500cc
甘納豆・・・・30g

青柳ういろう

古屋土産の定番、明治12年創業の名古屋銘菓ういろうの老舗です。手軽な一口タイプのういろうが人気です。

ういろうの歴史

お菓子のういろうの起源をはっきりと記した文献はありませんが、寛永年間(1642年)
にはういろうが存在していたようです。

切り方

包丁で押しつぶすようにういろうを切ります。その際、濡れ布巾等で拭きながら切ると切りやすくなります。